top of page

職場に”学ぶ習慣”がほしいと思う人



おはようございます。

一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研の塚本です。




本日は『職場に学ぶ習慣がほしいと思う人』について考えていきます。


















職場に学ぶ習慣を作りたい!という人の立場としては、概ね、管理職以上か経営者の方でしょうね。



また、今自分の職場にはなんとくなく”成長性”がなかったり、あるいは”活気”がなかったりと、なんだかよく分からないけど、どよ~んとした雰囲気があり、自分がこのまま”ここ”に居たら、将来が心配だ!


と考えている人だと思います。






経営者であれば、当然ながら自組織の成長と発展が、売上につながり組織の経営継続と存続にかかっているので、当然ですよね。






実は、以外にも学ぶことの重要性に気づかない人、学ぶというそれ自体に抵抗感や違和感を感じるため、考えないようにしている人もたくさんいます。




小学生から数えると高校までに13年間、大学も入れると17年間も学んできているので、社会人になってから勉強なんて、とんでもないという人がいるのも気持ちは理解できます。







以前、大学院の同期で行政の職場において”学ぶ人材を増やすための人材育成”を研究している人の話を聞きました。




行政の場合、一般企業と違い特に学ばなくても給与や昇給はエスカレーターのように上がっていくシステムだからこそ、学ぶ目的をみつけづらいという欠点があります。



学ぶ目的を自組織の出世や給与アップという外的要因に求めれば、それはそうなりますよね。





研究を続けた結果、新人以外の中堅職員の本音として、実際に読書をする、研修に参加するなど、自己学習を行っている人は0人だったそうです。







その職場において、自分だけが学ぶことに取り組むことはもの凄く大変なことですが、源氏的なこの結果としては、やはり残念だったと思います。




そう考えると、少しは競争原理というか、危機感というものが必要なのだと思いました。







はじめは、新人教育をするという目的でしたが、教育する側が学んでいない事実があった場合、果たしてどこから手をつければいいのか、当人の気持ちをお察しするところです。






だれもが自分の価値観で物事を見るため、私もそうですが、自分ができるのであれば当然だと思いがちですが、中々そうはいきませんよね。





もし、皆さんが組織の中に学ぶ習慣を身に付けさせたい!と強く願うのであれば、まずは自分が積極的に学んでいる姿を見せて、学ぶ必要性をどんどんアピールしていくほうがいいですよね。




私も、成長するために取り組んでいる”学び”はたくさんありますが、時間がかかるなと思っています。



まあ、地道が一番です。






進む歩幅は小さくても、方向性さえ間違っていなければ問題なしです。






それでは。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研


【事業内容】

1.研修・セミナー

2.実態調査と情報提供

3.研究と開発

4.トータルサポート


ホームページ:https://www.nmw-hrm.com/

daihyou@nmw-hrm.com

代表理事 塚本洋介



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page