top of page

現場感覚を大切にしながらも一歩俯瞰して見る




こんばんは。



一般社団法人医療・介護・福祉マネジメント総研の塚本でございます。



今日は大学院のゼミ合宿で新潟に来ています。ほぼ初めて新潟に来ましたが、とてもすばらしい場所ですね。自然豊かで、食事も温泉もいいし最高です。





さて、今日は『現場感覚』を大事にしながらも、俯瞰して物事を見ることの重要性について考えてみます。









 とはいえ、誰しもが自分の事となると、どうしても自分の立場、行動、現状を俯瞰してみることができなくなりますよね・・



そして、残念ながら私もそうですが自分の考えだけで物事を捉え、考えてしまうとそれ以上に、他の意見や視点などを受け入れがたくなってしまいます。





私は医療・介護・福祉現場にて患者や利用者に直接支援する立場にはありませんが、俯瞰して見る限り、直接支援されている方々のほとんどは、私と同じように主観の世界に陥りがちではないでしょうか。




かといって現場感覚を無視することはしません。現場感覚は重要です。



これは支援者として重要視されることだと思います。しかし一方でやはり自分を一歩引いてみることはとても重要です。




どうやったら俯瞰して自分を見ることができるのでしょうか。




分かりやすく答えを言えば、自分以外の他人から自分がどう見えるか、直接聞くのが最も早いかもしれません。




そして、他人から自分がどう見えているのが、気にしすぎず、でも意識することは、自分を俯瞰して見るトレーニングになるかもしれません。




あまり大した話ができていませんが、今日はこれにて。



それでは。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研


【事業内容】

1.研修・セミナー

2.実態調査と情報提供

3.研究と開発

4.トータルサポート


ホームページ:https://www.nmw-hrm.com/

daihyou@nmw-hrm.com

代表理事 塚本洋介

最新記事

すべて表示

Mga Komento


bottom of page