top of page

人事課題を抱える組織の皆さんへ



おはようございます。一般社団法人 医療・介護・福祉人材マネジメント総研でございます。



本日は、とある医療・介護・福祉の役員さんとお話した内容から、「人事課題を抱える組織へ」という題名で、お話いたします。













人事課題・・・




これは非常に大きな問題ですよね。組織構成が200名を超えている規模の中小企業でも、5000名を超える大企業でも、どうしても逆らえないのが「人口不足による働き手不足」です。




日本の社会課題である人口不足からの、労働力不足において、多くの経営者の頭の中では”表面的には分かっている”状態だと思います。




しかし、今、組織の現状をみて、なんとか人もいるし、とりあえず問題ないから先の事より今だよな。と甘く見ていると、非常に痛い目に合います。




私はこれまで、病院、介護施設、訪問系サービス、それ以外の業界においても人材支援を行いましたが、経営者の危機感というのは、とても薄いという印象があります。





この理由として挙げられるのは、人事課題に直面するということが理解していながら、「人事部門」が存在しない組織が多いからです。




皆さんの組織には『人事を専門に扱う部署』は存在しますか?




小規模であろうが、中規模であろうが、大規模であろうが、当然ながら労働力不足対策委員会的な意味合いで、存在すべき部署なのです。





なぜ経営者の皆さんが、人事部門に力をいれないのか?なぜ「兼務」という役割を与えてしまうのか。





それは人事部門が直接的な「売上」を生み出さないからですね。



経営者は常に、売上や利益を考えていますから、表立って分かりやすい指標には時間と労力を費やすのですが、組織を陰ながら支える部署、特に事務的な部門に関しての評価は、とても低いのです。




その証拠に、総務、経理、人事、法務部という組織を陰から支える人たちの給与が、現場や最前線で動いている人と比較すると差があることです。





私は常々、組織の心臓部は「事務」であるというのを発信しています。



脳 =経営者

腕 =幹部

足 =営業

指 =従業員

心臓=事務



心臓である事務というのは、経営者とも連携しながら、クライアントとの連絡もやり取りしながら、様々な現場情報や苦情が流れてきます。



組織の情報をある程度、むしろ経営者よりも把握しているのは「事務」なのです。






だからこそ、人事を司る「人事部門」を改めて組織に設置し、法人が目指すビジョンや目的に向かって、人事コントロールを専門的に扱うところが必要なのです。




人事課題を解決するには、人事部門が必須であり、そのうえで「入口戦略」と「出口戦略」を計画的に遂行します。




入口戦略・・・人材確保


中間戦略・・・教育と育成


出口戦略・・・離職防止





人事部門もなく、担当者がいくつかの役割を兼務で担い、時間も余力も、能力も不足している中で表面的な人事課題の対策を行うのは、残念ながら”焼け石に水”になってしまいます。






ということで、皆さんの組織はいかがでしょうか?

人事課題の早期解決は、人事部門の設立と先行投資です。



人が組織を作っているのですから、当たり前ですよね。



それでは。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研


【事業内容】

1.研修・セミナー

2.実態調査と情報提供

3.研究と開発

4.トータルサポート


ホームページ:https://www.nmw-hrm.com/

daihyou@nmw-hrm.com

代表理事 塚本洋介

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page