top of page

プロジェクトチームに必要な要素



おはようございます。一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研でございます。



本日は、プロジェクトチーム発足と稼働に必要な要素について、考えたいと思います。














まず初めに、医療・介護・福祉業界において、組織が主導してプロジェクトチームを発足し稼働させるという機会はあまり多くないと思っています。





もし、皆さんの組織でプロジェクトチームが発足した経験があるとすれば、それはコンサルタント的な方が、支援している可能性があります。




それは決して悪いことではなく、プロジェクトチームの経験と稼働、そして結果として成功したか、成功したか、という経験が組織にとって将来的には大きな財産となります。




私もかつて、プロジェクトチームを主導し、とある総合診療所において経営支援を行った経験があります。




クリニックでは当時、新型コロナウイルスによる新規患者の大幅な減少、そして併設する介護事業所の縮小による介護・診療報酬の減少がありました。




これはまずい!ということで事務長を中心にプロジェクトチームを発足し、結果的には5人程度のチームで再建に臨み、危機を乗り切ったという経験は、私にとっても大きな学びを得る機会となりました。








さて、まずは「チーム」について少し考えていきたいと思います。



1.チームの定義


・チームはあえて作るのものであり、組織は存在(ある)するものである。

・チームには共通の目標があり、グループには共通の目標はない。

・チームメンバーには目的達成のための役割がある。

・チームメンバーは互いに協力し依存しあう存在である。

・チームは3人以上、組織は2人以上である。



2.チームの型


・プロジェクト型(短期・中期・長期)

・定常型チーム(無期限もしくは長期以上)

・緊急対応型チーム(超短期・即解散)



3.チームの生成過程


・形成期(1ヵ月以内)

・混乱期(1ヵ月~数カ月)

・統一期(数カ月~)

・機能期(数カ月~)



4.チーム稼働プロセス


・議論する

・協働する

・実践する

・省察する



このように、チームについて語る場合、自分たちのチームは何のために作られたのか?何を果たすべきチームで、どのくらいの期間で何をするのか区別することができます。





私が起業する前に勤めていた法人で病院の経営支援をしていたころ、巨額の赤字を抱えた地方の中核病院において、プロジェクトチームを発足し病院職員全体で経営改善に取り組んだ経験がありました。




結果的には、プロジェクトを発足してから3ヵ月で3000万円の黒字になりましたが、大変なのはそこからでした。



プロジェクトチームの任期は、1年間でしたが、3ヵ月で黒字なったことで、自分たちはやればできる!という自信と、目標を達成したという安心により、プロジェクトチームの存在を問われる形になりました。



具体的には、プロジェクトチームは医師や看護師、コメディカルから成る専門職チームに医事課や総務課が加入しているチームが、7つのプロジェクトに分けられており、

それぞれが、目標達成のために遂行しますが、通常の業務とは別に活動しているため、業務量も1.5倍になってしまい、そして経営難により、支給すべき手当等が最小限に抑えられていたため、不満につながる事態になったのです。




プロジェクトチームで難しいのは、チームメンバーのモチベーションのコントロールと維持、そして成果や活動の見える化と省察、評価を継続することです。



プロジェクトの期間にもよりますが、1年程度の長期になればなるほど、モチベーションや意欲低下を招き、結果に大きな影響を与えてしまいますから、各プロジェクトを支えるリーダーと、リーダーをまとめる統括リーダーが必要です。




大きな組織ほど、多くの人を巻き込む必要がありますが、もし皆さんの組織が小規模であれば、プロジェクトチームの状況を見ながら、スクラップビルドも考慮しながら、最適解を求めて進めることができると思います。




必要なのはメンバーとリーダー、そしてそれぞれの役割と目的です。



簡単ではありませんが、一度トライしてもいいかもしれませんね。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研


【事業内容】

1.研修・セミナー

2.実態調査と情報提供

3.研究と開発

4.トータルサポート


ホームページ:https://www.nmw-hrm.com/

daihyou@nmw-hrm.com

代表理事 塚本洋介










Comments


bottom of page