top of page

なぜ給与を上げるのか?そこに根拠はあるか?




おはようございます。



一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研の塚本でございます。




本日は「なぜ給与を上げるのか?そこに根拠はあるのか?」という医療・介護・福祉組織において、見逃しがちな大きな問題について考えていきます。














経営者の皆さん、ぜひ自問自答してください。


なぜ、あなたは従業員の給与を上げるのですか?給与の中の手当は、何に対する手当ですか? 





私以外の他の人から聞かれたら、あなたは何と回答しますか?




実は案外、回答に困るケースが多いこの給与や手当の根拠問題は、これまで経営者が感覚や周りとの調和という、至極曖昧な理由で設定してしまった結果なのです。







医者の給与は分かりませんが、介護職、看護職、その他専門職や事務員の給与は、一般的な給与基準を参考に、あとは組織の中で決定しています。





しかし、曖昧な根拠で給与や手当を与えることほど”死に金”なことはありません。



お金くばりおじさん化してしまった組織は、無駄な人件費にどんどんつぎ込んでいってしまいます。







給与や手当を考えるうえで、参考となる考え方としては・・・



そのポジションが、どれだけ組織の中で重要か?そしてどんな役割が与えられて、役割を果たすことによる組織にとってのメリットの大きさは何か?と深く考えることです。







給与は役割に対して支払い、手当は役割に追加された”何か”の負担感や労力を想定して支払います。




これを決めるときに重要なのは、組織の中でそれぞれの職員に対して”役割がはっきりと決まっている必要があること”なのです。





なんども言うように役割が非常に重要なのです。



役割+何か=総合的な給与ということです。






今一度、専門職の給与額の根拠、手当の根拠を明らかにしましょう。





それでは。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研


【事業内容】

1.研修・セミナー

2.実態調査

3.研究と開発

4.人事評価制度の構築


ホームページ:https://www.nmw-hrm.com/

daihyou@nmw-hrm.com


閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page