top of page

「目的意識」の高低がすべてに連携している現実




おはようございます。一般社団法人 医療・介護・福祉人材マネジメント総研の塚本です。




今日は「目的意識」がどのように経営者や組織の性質と連動しているかを、考えていきたいと思います。











実はこれまで、経営支援コンサルタントとして、30社以上のお客様をご支援してきました。経営コンサルタントも様々ですよね。



最も印象的なのが「怪しい」ということです。私は特に、後発的にSDGsのバッジを振りかざしていかにも的に振る舞うコンサルタントは、ちょっと怪しいかな・・(笑) と思ってしまいます。




正直、怪しいコンサルタントもいるので、仕方ないですが、コンサルタントが怪しいと言われる理由として”期待していた成果が出ずに費用だけが高かった”というのがあると思います。




私も、実際に期待に応えることができなかった・・・というのもあります。




これを考える前に、コンサルタントを理由する前にとても重要なことがあります。





それは『目的意識の高低』です。




今回は、コンサルタントを利用する前に確認してください!ということを、言いたいわけではなく、経営者の目的意識の高低があらゆる要素に連動しているという、至極当たり前のことをあえて、考えていきたいと思います。




果たして、目的意識を主とした場合、どのような要素と連動しているのか見ていきましょう。



【目的意識と連動する4つの要素】


・自責思考

・価値思考

・努力思考

・教育思考




目的意識が低い経営者や組織のキーパーソンは、この4つの要素がすべて低いということが経験と分析から分かりました。





当たり前なのですが、目的意識が高いと、目的達成のために考えを巡らせるため、何が自組織で不足しているのかも理解します。そして目的達成のためには人材が重要であるということも理解しますので、おのずと教育思考も高まります。




目的達成するために、様々な調査を行いますから、不足を補うために必要な予算も確保するため、良いものには投資しようという価値思考が芽生えます。




そして、目的達成を推進するため、努力思考があり、何かあれば自己責任感として考えます。




このように、今更ですが『目的意識』は様々な要素に連動していることが分かりました。




この目的意識の高低と、連動している要素をひとつの”モデル”として考え、これを目的意識モデルと名付けました。



皆さんも、この目的意識モデルを活用してみてください。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




一般社団法人医療・介護・福祉人材マネジメント総研


【事業内容】

1.研修・セミナー

2.実態調査と情報提供

3.研究と開発

4.トータルサポート


ホームページ:https://www.nmw-hrm.com/

daihyou@nmw-hrm.com

代表理事 塚本洋介









תגובות


bottom of page